2009年12月20日日曜日

稲田朋美は宮内義彦の子分か?

今回の宮中騒動で、羽毛田宮内庁長官の、
小泉純一郎の息のかかった人物であり、
かつ、長州人脈(長州閥)であるという正体を知り、
そういえばと思い出したので、調べたことがある。
それは、昨年(08年)映画「靖国」を政治問題化させた
火付け役であり、福井県1区選出の衆議院議員である
稲田朋美という人物についてである。

早速、調べてみたのだが、
なんとこの人物は、オリックスの100%子会社である
「オリックス債権回収」にいて、夫の稲田龍示ともども
借金取立代理人をしていたというのではないか。
つまり、稲田朋美は、奥谷禮子と同じ、
宮内義彦の息のかかった子分ともいえる人物である。

その事を知っていて、
いわゆる保守陣営(実際は宗教右派が多数いる)は
彼女を持ち上げるのだろうか?
歴史観は表面的にはなるほどかみ合うだろうが、
しかし、宮内一派の思想は、
伝統的な日本の保守思想ならびに、
バーク、トクヴィルなどの、世界的保守思想とは水と油の、
ある意味、毛沢東やポルポトよりも過激な
伝統および文化破壊をもたらす思想である。
少なくとも人類社会をアトム化させるという部分は
全く同じではないか。
宮内の思想的モデルともいえる、
ミルトン・フリードマンがイデオローグとなった、
チリのピノチェト政権が、
フランス大革命時のロベスピエール派による恐怖政治に
ひけのとらない反対派虐殺や、文化破壊を行ったのも
当然の帰結といえる。

まあ、稲田議員の支持母体に、幸福実現党もいるようだから、
彼女は、表面的には保守のふりをしながら、
内心では国体破壊主義的な思想の持ち主なのかもしれない。
今後も彼女の言動を観察することにしよう。

しかし、このような愛国者の皮をかぶった悪質な売国的な
人物のおかげで、日本国がおかしくされていくのは
なんとか阻止しなければいけない。
少なくとも、ただでさえ悪くなっている靖国神社のイメージが
稲田議員のおかげでさらに悪くなってしまった。
他にも、小泉、竹中、宮内らの息のかかった人物が、
政界、官僚、マスコミ、言論界に散らばっていて、
隙あらばと機会を窺っているのだろう。
(池田信夫、城繁幸etc...)
彼等の悪事を暴くための闘いには、
私も、微力ながら加わる覚悟でいる。

そういえば、石原慎太郎都知事は、
今回、羽毛田宮内庁長官批判にまわったようだ。
政治的意図として、
今回は、文春、新潮、産経陣営に加わるのはまずいと
判断したのだろうが、福田和也はどうするのだろうか。

0 件のコメント: